一場春夢

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮崎紀行

<<   作成日時 : 2005/10/09 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 8日・9日で両親を連れて宮崎の伯父宅を訪問しました。

 8日10時に実家を出発。霧島SAで昼食を取る。レストランで宮崎名物の冷や汁を食べようと思ったが、時間的にお客が多くて並び状態。結局隣でかき揚げそばを食す。宮崎ICで宮崎自動車道をおりて宮崎市内に向かう。伯父宅は宮崎駅からあまり遠くない所に位置していた。60分毎ぐらいに休息を取って3時間ぐらいで着いた。あまり遠出をしないので私の車にはNAVIがない。こんな時に購入しようかと思ってしまう。

 さて、風呂を浴びた後17時ごろから食事となった。80歳の伯母が作った料理に舌鼓をうち、キリンビールの一番搾りを2Lほどと霧島をお湯割で4〜5杯ほど飲んだ。72歳になる伯父はまだ飲みたそうにしていたんです。つまり72歳に飲みで負けたようです。で、酔いも気持ちよく21時ごろには就寝しました。



 9日は8時30分ごろ伯父の自宅を出て綾町にある酒泉の杜へ。ここは雲海酒造さんが経営しているところで、宿泊施設・温泉施設・食事もできてと見て、食べて、買って、くつろいでとさまざまに楽しめる場所です。9時過ぎに着いたんですが、すでに沢山のお客さんがいました。焼酎工場は日曜日なんで残念ながら稼動してなく、見学する事ができなかったんですが、今後は休日でも見学できるようになるそうです。ここのワインが美味しいと伯母が言うんで買ってみました。この施設でワインも製造しているんです。もちろん買う前に試飲も出来ますから、酔っ払わない程度の試飲してみられては如何でしょうか。私は運転手だったんで、もちろん試飲せずに手ごろな値段の物を買いました。


 続いて、酒泉の杜から綾の照葉大吊橋へ向かいました。ここは写真にあるように、歩く吊橋世界一だそうですが、伯父が言うには世界二位だそうです(ほんとかな?)長さは250m.高さは142m.だそうで、鉄板が敷いてあるんですが、真ん中辺りに来ると定番の網型になっていて足元からも下が見れるようにしてありました。網型の所を通るときは何故か皆さん細い鉄板の上を歩いて、まるで平均台を渡っているようにして歩いているのが見ていて楽しかったです。父は高所恐怖症で母は高血圧なんで少しばかり大丈夫かいなと気にしましたが、平気で往復してました。


 真ん中辺りで渓谷を撮ってみましたが一瞬、下のほうへ吸い込まれるような感じがしました。ちなみに私は高所恐怖症ではありません。

 まぁ、こんな見学をして途中まで伯父に先導してもらって帰路に着きました。今回、残念だったのは事前にかおたろに宮崎の名物を尋ねていたんですが、チキン南蛮発祥の店、おぐらチェーンでの食事が出来なかったことです。次回の宮崎訪問時には必ず食べてみたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アクセスランキング
宮崎紀行 一場春夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる