一場春夢

アクセスカウンタ

zoom RSS 明日への遺言

<<   作成日時 : 2008/03/16 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
 昨日、一人ぼっちで映画をみてきました。原作大岡昇平「ながい旅」を映画化した「明日への遺言」です。年に数本は観たいな〜と思う映画があるんですが、この作品に関しては”是非観たい!”と言うレベルだったんです。で、中洲大洋に観に行ったんですが、年齢が上の方ばかり。若いのは観ないのかと思っていたら20代のアベックが一組開演前に入ってきました。

 さて作品の内容ですが、はじめにB29の絨毯爆撃のシーンです。いきなりここでアメリカに対する怒りがこみ上げて来ました。明日と明後日、東京大空襲のドラマがあるようですが、アメリカは多くの国民を無差別に殺戮し、戦後未だに大統領の謝罪等がありません。

 戦争シーンははじめの部分だけで、後は岡田中将の軍事裁判のシーンばかりです。現在わが国では責任を取らない輩が多すぎますが、岡田中将の全責任を負う潔い姿に国籍を問わず好感を持ち始めます。それは、信念に裏打ちされた姿だからでしょう。

 最後のシーンは絞首刑のため、処刑台の階段へ向かうところで終わります。人間として必要なものは何かを教えられる作品です。是非ご観賞下さい。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今の日本人に最も必要な歴史の学び… 櫻井よしこ>>
今の日本人に最も必要な歴史の学び、それをこの作品から始めて欲しい。 ...続きを見る
愛国心を育てる名言
2008/03/19 13:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アクセスランキング
明日への遺言 一場春夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる